ジェルネイル検定中級

【ネイル検定3級】直前に行うリペアのやり方を紹介!2級にも使えます☆

こんにちは!ひまわりネイルです♪

いよいよ検定が近付いて参りました。

今日は3級、2級共通の内容として、リペアについてお話ししていきます(^_-)-☆

 

どんな時にリペアが必要なのでしょうか!?

 

リペアと一言に言われてもはじめは分からないことが多いですよね。

まずはどのような状況で必要とされる技術なのか、一般的な例でご紹介していきます♪

 

 

亀裂が入ってしまったとき・かけてしまったとき・折れてしまったとき

どんなに気を付けてもらっても不測の事態は起こるものです。

例えば亀裂が入ってしまったときなどは無理してそのまま過ごしてもらうと危険です。

すぐにカットしましょう。

かけたときも同じです。

かけたところは角になっていますから整えましょう。

 

長さを揃えたいとき

頑張って伸ばしてきたけど、ここだけ間に合わなかったー!

よくあります。

その1本に他の9本を合わせて短くすることも可能です。

9本に1本を合わせたいとき。

そんなときはリペアしちゃいましょう。

 

爪の生え癖などが強く、他の指に合わせてあげたいとき

検定ではそこまで神経質にならなくていいと思いますが・・・

指や爪の曲がり、Cカーブの違い、アップダウンなどの調整のためにリペアすることも多いです。

 

 

 

いつリペアすればいいでしょうか!?

 

遅ければ遅いほうがいい。です!笑

というのは、リペアとは疑似爪として作成するものですからとても薄く作ります。

ほんの少しの衝撃でパキンと折れてしまうんですね。

 

出来れば前日の夜、モデルさんにはお風呂も済ませてもらってから・・・なんておっしゃる先生もいます!

私は必ず朝もシャワーを浴びるので、そんなモデルさんなら当日の朝に!?なんて・・・

あくまでも理想の話しですからご安心を☆彡

 

前日か前々日に仕込みをされる方が多いと思うので、そのときに一緒にやりましょう。

ただし、リペアした後はいつも以上に気を付けてもらう必要があります(>_<)

 

 

 

リペアのやり方

 

IMG_5721

 

 

ネイルデダンスなので、フリーエッジにケチャクリームを使います。

ベッドの上まで乗せる場合はクリアなどを使いましょう。

 

IMG_5725

 

 

フォームをはめます。

疑似爪を作りたいわけなので、なるべく隙間や段差がないようにしましょう。

IMG_5722 IMG_5724 IMG_5723

 

 

ここで取るミクスチュアは少しドライに。

ゆるいと強度が落ちます。

ボールを取った後にキッチンペーパーで余分なリキッドをオフしてみてください。

IMG_5726

 

 

↑この後アプリケーションに入りましたが、ボールが大きすぎて半分捨てました。

薄い仕上がりなので本当に小さなミクスチュアで大丈夫です。

アプリケーションしていきます。

IMG_5727 IMG_5729 IMG_5728

 

 

アプリケーションが終了しました。

とても薄いため、硬化するまでにいつもより時間がかかります。

フォームを外すときはゆっくりと細心の注意を払ってください!

IMG_5732

 

 

今回は先端がかけただけだったので特にピンチはありません。

短く折れてしまったときは、スカルプをつけるように自爪を短くするといいと思います。

この場合はネイルベッドの幅の延長になるよう、軽くピンチを入れてあげます。

あくまでも自爪と見間違えるほど自然に仕上げてくださいね♪

 

 

それではファイリングに入ります。

アウトラインとサイドストレートもナチュラルな仕上がりになるよう削っていきます。

IMG_5734 IMG_5733

 

 

もちろん表面もファイリングします。

とても薄く作っているのと、自爪を傷つけたくないのでウォッシャブルは使い古しの240gなどでリペア部分のみ少しだけ優しく削ります。

バフは220g~280gで十分だと思います。

バフもかなり削れますから、この時は280gだけにしました。

 

そして自爪も一緒にかけることでより自然に繋がります。

最後にシャイナーのグリーンを自爪含む全体に優しくかけてます。

シャイナーの白はかけません。

 

 

癖をカバーするように表面を仕上げた場合、どうしても厚みが出る場合が多いです。

この時に表面ばかり削るとどんどん癖が出てきてしまい、リペアの意味がなくなってしまうんです。

そんな時は裏削りをして厚みをとっていきましょう。

写真ではCカーブスティックを使用していますが、マシンを使うことも可能です。

マシンで削るときは必ずモデルさんの手をひっくり返してくださいね。

回転数を下げて丁寧に削りましょう。

IMG_5737

 

 

完成です。

IMG_5735 IMG_5738

 

 

 

まとめ

 

どうしても自力でリペアしなくてはいけないときってありますよね・・・

少しでもお役にたてればと思います♪

どんなに完璧に仕上げても、リペア道具は会場まで持って行きましょう。

会場に行くまでに折れる・かける・飛ぶ・・・縁起でもないですけど、全然あり得ます(>_<)

 

どんなアクシデントにも冷静に対処出来るだけの準備と心構えを・・・

こんな直前でも諦めないで!!

後数日体調を整えてくださいね(^_-)-☆

 

※リペアは2本までです。

 

 

ABOUT ME
RUNA
RUNA
Himawarinailでは技術担当 長年ネイリストの卵の方をサポートしてきました。 義理人情に厚く困っている人を放っておけない頼られると張り切るタイプです(笑) 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。