ジェルネイル検定中級

【ネイル検定3級】ウッドスティックの仕込み方で使い勝手が全然変わるんです!

こんにちは!ひまわりネイルです☆

この記事ではウッドスティックの仕込みについてご紹介しますね。

3級内容として書いていますが、どの試験でも使いますし、サロンワーク等でも欠かせないものになってきます。

改めてお勉強していきましょう(*^^)v

ウッドスティックって何に使うの?

RUNA
RUNA
何にでも使います!笑

キューティクルケアのときにメタルプッシャーではなく、ウッドスティックを使う人もいます。(プロには少ないと思いますけど・・・)

カラーリングの修正では必要不可欠ですし、サロンワークでお客様の皮膚にジェルがついてしまった際などにも使用します。

コンテストでは、めーっちゃ巻きつけてボンボンのようにしてw

ケア後カラーリング前に油分水分除去として、ポリッシュリムーバーをたっぷり含ませてネイルプレートとキューティクル周りをクルクルします。

そうするとキューティクルのポケット内に残っていたルースキューティクルが出てきたりしますよ。

もうとにかくネイルとは切っても切れない地味だけど無くなったら超困るやつなんです!笑

使いやすいウッドスティックを作ろう!

今は便利になって形が整えられているものが販売されていますね。

それでもまだ厚みがあったり、形が使いにくかったりするので仕込んでいきましょう♪

ウッドスティックの形は主に2種類

S__4341921

写真のように丸いのと斜めのもの。私は1本に対し、片方は丸・片方は斜めにしています。

パっと手にとった時、その瞬間使いたい用途に合わせてどちらでも対応出来るので便利です!

って、ごめんなさい!!文字と丸く削ってあるところがかぶってますね。。。^^;

ウッドスティックは極薄に

右が新品で左が仕込んであります。↓

S__4341922

ウッドスティック”あるある”なんですけど、意外とみなさん厚みがありすぎるんです。

確かに比較がないと分かりにくいとは思うのですが・・・

使ってるうちに汚れて削ってを繰り返すうちに、短くなって結果厚みが出てきてます。

もっと薄いと快適だと思いますよ!!

ウッドスティックの仕込みは地味だけど面倒で大変な作業なんです。

えぇ・・・私は嫌いです(>_<)苦笑

RUNA
RUNA
無くさないように、折らないように気を付けています!笑

ウッドスティックの薄さの目安

  • キューティクルとカラーの隙間に入るくらい
  • ストレスポイント付近に入るくらい

バトネにおすすめコットンと巻き方

オススメコットン

市販になりますが、私のオススメ☆

S__4341923 S__4341924 S__4341925

ドラッグストアでも購入できる資生堂のコットン。

  • 大判でポリッシュオフがしやすい
  • ポリッシュの含みが良い
  • 表面が無駄に毛羽だってない
  • 中がふかふかでバトネが作りやすい
  • 表面とバランスが好き
  • どこでも買える

こんな理由からリピートしている商品です!笑

※パッケージーが黄色のものもありますがピンクです☆

バトネの作り方

コットンをパカっと開きます。

S__4341926

ウッドスティックにポリッシュリムーバーをつけます。

2d8635a2680eea0a462efeba691b8335

コットンを少量取ります。

S__4341928

手のひらを使ってクルクルと巻き付けます。

S__4341930

完成です☆

慣れるまではコットンの量でやり直したりするかもしれませんが、慣れです!慣れ!!

水分が足りなくてケバがまとまらないときはポリッシュリムーバーを付け足しましょう。

S__4341931

ウッドスティックでカラーリング修正のやり方

キューティクルバージョン

当たり前ですが、作品にケバが付くことは避けたいですよね。

キューティクル周りはそのリスクを回避するため、コットンは巻き付けずウッドスティックのみで修正します。

サイドバージョン

サイドもケバには注意が必要ですが、私は基本バトネを使います。

ストレスポイント付近ならスキンダウンを強めに、極薄バトネでスーっと素早く修正します。

S__4341932

逆に爪からは離れている皮膚であれば、しっかりコットンを巻き付けた厚みのあるバトネを使います。

ポリッシュリムーバーもきちんと含ませてふっくらしたバトネで修正します。

S__4341933

指先バージョン

指先もカラーリングにケバが付着する可能性は低いので、私は厚みのあるバトネを使います。

まとめ

いかがでしたか?

ウッドスティックは用途によって形や厚みが変わってくるということをご理解いただけましたか☆

検定試験では、赤がついてしまったウッドスティックを使っていると衛生的に見えません。

汚れたものではなく、常に綺麗な道具を使用しましょう。

また、バトネも会場で事前審査前に作っておきます。(自宅から仕込んでもOK)

コットンが巻かれていないほうがいいときもあるので、ウッドスティックのままの物も残しておいてくださいね!

RUNA
RUNA
私は必ず最低でも8本くらいは時参します!

そのうち5本はバトネに、3本はウッドスティックのまま・・・くらいの割合でしょうか!?

参考にしてみてください♪

これを機に今一度仕込み方を見直してみてくださいね(^_-)-☆

ABOUT ME
RUNA
RUNA
Himawarinailでは技術担当 長年ネイリストの卵の方をサポートしてきました。 義理人情に厚く困っている人を放っておけない頼られると張り切るタイプです(笑) 詳しいプロフィールはこちら