ジェルネイル検定上級

【ジェル検定初級】トップジェル曇る原因とぷっくり艶やかな仕上がりにする方法!

こんにちは!ひまわりネイルです☆

この記事ではトップジェルについてお話ししていきます。

Runaはここ、とてもこだわるところです(*^^)v

 

 

トップジェルの粘度について

 

みなさんはトップジェルに何を求めますか?

私は強度や耐久性はもちろん、ツヤが超大事です!!

ツヤと言ってもそんじょそこらの製品では満足しません。

塗ったときが綺麗なのは当たり前。

その状態がオフするときまでキープ出来るというのが最低条件なんです!

ということは。

そこそこの硬さになってくるんですね。

なので、私が好むトップジェルは粘度が高く慣れるまで難しく感じる人が多いようです。

 

その一方サロンワークでは、厚みともちとコストとお客様一人にかけられる時間とのバランスが重視されると思います。

そういう意味ではもっとポピュラーで使いやすいトップジェルに慣れてる方が多いでしょうか!?

 

ベースジェル以上に粘度が様々なのがトップジェルということを覚えておきましょう♪

 

 

 

粘度に合わせた塗り方

 

もちろん筆も変えます。

先述した通り、私は硬めのトップを使うので筆がベースやカラーと同じでは硬さに負けてしまうんです。

 

IMG_5848 IMG_5852 IMG_5854 IMG_5859

 

粘度に合わせた塗り方と書きましたが、どう違うのでしょうか!?

 

筆はもちろん違う。

筆の角度も違う。

筆の圧も違う。

でも私が一番大切にしていることは・・・

ストロークの速度です。

粘度が高く重たいジェルキューティクルから先端にかけてのストロークがゆっくりです。

スピード命のサロンワークで粘度の低い柔らかいジェルを扱うよりに、サッサッサッと塗ってはいけません。

ゆっくり丁寧にバブルを巻きこまないように・・・です!!

 

 

 

レベリングにかける時間

 

粘度の高いジェルはストロークがゆっくりだと書きましたね♪

なぜかと言うとジェル自体が重たい分ゆっくりでしか動けないからなんです。

つまり、レベリングにかける時間もより必要になるということですね!

IMG_5864

 

時には↑このようにひっくり返してレベリングを待つこともあります。

 

どのくらいレベリングを待つかって・・・

私が使ってるトップジェルで納得いくように仕上げようと思うと・・・

数分待つこともありますw

でもその間に反対の手を塗布していますし、片手の硬化が終わっていれば未硬化ジェルの拭き取りがあるのでロスはほとんどありません。

トップジェルはいつだって真剣です!笑

 

 

 

艶の出る未硬化ジェルの拭き取り方

 

ツヤ命の私ですから、硬化時間と未硬化ジェルの拭き取りにも徹底しています。

基本的に硬化時間は必ず守りましょうね。

特にトップは長い時間ライトに入れると黄ばみや曇りの原因になりますよ!

 

未硬化ジェルの拭き取りに私はスポンジを使っています。

もちろんコットンでもワイプでも構いません。

なぜスポンジかというと、一番ツヤが出るからです!笑 ←しつこいw

そして当たり前ですがクレンザーはメーカーから出ているものを使っています。

エタノールで拭いても曇らないメーカーもありますが、メーカーから出ているクレンザーはやっぱり艶が違います!!

 

まずクレンザーを含ませたスポンジでサっと軽くひと拭きします。

必ず面を変えて使った場所(未硬化ジェルがついてるから)では拭き取りをしないようにしています。

それを全ての指に徹底します。

その後に新品のスポンジにクレンザーを含ませ、1本1本丁寧にキューティクルとサイドまでしっかり拭き取っていきます。(ここでは同じ面を使っても大丈夫です)

IMG_5865 IMG_5866 IMG_5867 IMG_5868

 

 

 

まとめ

 

少し長くなりました。

やり直すことが面倒なので私は妥協せずに徹底してこだわってやっています。

でもサロンワークはバランスが大事でしょうし、検定ではここまでやりきれないかもしれないのですが・・・。

ひとつ参考までに試してみてください(^_-)-☆

 

ABOUT ME
RUNA
RUNA
Himawarinailでは技術担当 長年ネイリストの卵の方をサポートしてきました。 義理人情に厚く困っている人を放っておけない頼られると張り切るタイプです(笑) 詳しいプロフィールはこちら