noteに技術動画を更新中!!チェックしてね♪

【ネイル検定1級】スカルプチュアとチップオーバーレイの違い

こんにちは!ひまわりネイルです♪

この記事ではスカルプチュアとチップオーバーレイについてお話ししていきます。

 

スカルプチュアとは?

 

1級では、アクリルスカルプチュアが技能試験の内容です。

 

短くカットしたお爪に対し、フォームと呼ばれる紙のようなものを使用して、フォームを土台に人口爪を形成していきます。

科学的なこと、材料的なことではなく・・・

ここでは検定内容についての違いを簡単に説明していきますね(*^^)v

 

 検定に必要なスカルプチュア記事一覧はこちら

 

チップオーバーレイとは?

 

同じく短くカットしたお爪に対してセットしていくのですが・・・

ここでは土台として使用するのはチップになります。

接着剤で装着したチップにアクリルを乗せていくという感じです。

 

チップオーバーレイの記事一覧

 

まとめ

 

私は初めの頃、スカルプとオーバーレイの違いがわかりませんでした。。。

早い話しが土台となるものが違うのですが、もちろん今後は両方の技術が必要とされてきます。

どちらかが完璧に出来ても、それでは日々のサロンワークで全てのお客様に対応することが出来ません。

お爪の状態や生活環境など、様々なことを考慮して臨機応変に対応出来るネイリストを目指しましょう(^_-)-☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。