ネイル検定2級

【ネイル検定2級】チップラップのアプリケーションとハイポイント

こんにちは!ひまわりネイルです☆

この記事ではアプリケーションとハイポイントについてお話ししていきます(*^^)v

チップラップのアプリケーション

 

 以前の記事でクセのないお爪には4回ほどの工程で乗せますとご説明しましたね。

そこでその際の写真も一緒にアップしてみようと思います!

 

シルクのはり方と注意点はこちら

 

レジン一度塗り目は、グルーの1~2ミリ奥から塗布します。

そんなに神経質になる必要もありませんので目安として参考にしてくださいね!

 

IMG_5300

 

 

二度塗り目はその更に2ミリ奥くらいから塗布します

IMG_5301

 

 

三度塗り目でキューティクルから塗布します。

こうして少しずつズラすことで余分な厚みも出ず、変な段差も出ずにアプリケーションが行えます。

 

 

 

チップラップのハイポイント

 

三度目の塗布が終わったらハイポイントを作ります。

ここでの作業はモデルさんのお爪の形やフォルムにより、必ずしも必要な工程ではありません。

私の場合は表面を滑らかにしたり、ハイポイントでフォルムを整えたりという意味でかなりの確率で行います!

 

IMG_5307

 

ハイポイントを作り上げたい場所に少量のレジンを垂らします。

それだけだとモッコリしてしまいますから、置いた周りを筆先で優しくなじませてみてください。

少し高さは無くなりますが、自然な仕上がりになると思います♪

 

 

その後にまた全体に塗布することで更に滑らかな仕上がりに♪

 

 

 

そして一度に多くのレジンを塗布してしまいますと、モデルさんは硬化熱を感じます。

キノコも出来ますし、アクティベータ―を吹きかけたときにヨレてしまったり

黄ばみが出たりといいこともありません。

 

無理せず2度3度薄く重ねて仕上げるようにするといいでしょう♪

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

いずれも工程として決まり事ではありませんので、あなたのやりやすい方法を見つけるヒントになれば幸いです(^_-)-☆

 

ABOUT ME
RUNA
RUNA
Himawarinailでは技術担当 長年ネイリストの卵の方をサポートしてきました。 義理人情に厚く困っている人を放っておけない頼られると張り切るタイプです(笑) 詳しいプロフィールはこちら