noteに技術動画を更新中!!チェックしてね♪

【ネイル検定2級】チップラップのアプリケーションとハイポイント

こんにちは!ひまわりネイルです☆

この記事ではアプリケーションとハイポイントについてお話ししていきます(*^^)v

チップラップのアプリケーション

 

 以前の記事でクセのないお爪には4回ほどの工程で乗せますとご説明しましたね。

そこでその際の写真も一緒にアップしてみようと思います!

 

シルクのはり方と注意点はこちら

 

レジン一度塗り目は、グルーの1~2ミリ奥から塗布します。

そんなに神経質になる必要もありませんので目安として参考にしてくださいね!

 

IMG_5300

 

 

二度塗り目はその更に2ミリ奥くらいから塗布します

IMG_5301

 

 

三度塗り目でキューティクルから塗布します。

こうして少しずつズラすことで余分な厚みも出ず、変な段差も出ずにアプリケーションが行えます。

 

 

 

チップラップのハイポイント

 

三度目の塗布が終わったらハイポイントを作ります。

ここでの作業はモデルさんのお爪の形やフォルムにより、必ずしも必要な工程ではありません。

私の場合は表面を滑らかにしたり、ハイポイントでフォルムを整えたりという意味でかなりの確率で行います!

 

IMG_5307

 

ハイポイントを作り上げたい場所に少量のレジンを垂らします。

それだけだとモッコリしてしまいますから、置いた周りを筆先で優しくなじませてみてください。

少し高さは無くなりますが、自然な仕上がりになると思います♪

 

 

その後にまた全体に塗布することで更に滑らかな仕上がりに♪

 

 

 

そして一度に多くのレジンを塗布してしまいますと、モデルさんは硬化熱を感じます。

キノコも出来ますし、アクティベータ―を吹きかけたときにヨレてしまったり

黄ばみが出たりといいこともありません。

 

無理せず2度3度薄く重ねて仕上げるようにするといいでしょう♪

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

いずれも工程として決まり事ではありませんので、あなたのやりやすい方法を見つけるヒントになれば幸いです(^_-)-☆

 

4 COMMENTS

アバター りまれ

はじめまして!

2級を受けようとネイリストさんに教えてもらいながら勉強しています。

とても細かく工程を書いてくださっているので、わかりやすくとても助かっております!

そこで質問なのですが…
シルクを貼った後はグルーではなくレジンと教わったのですがその方法だとシルクがしっかり見えてしまうのです(u_u)
グルーでしても減点になったりしないでしょうか?

あとケアのニッパーの返しも教わっていなくサイドからのままの動きでケアしています。
返ししなくて大丈夫でしょうか?

たくさん質問してしまいました…よろしくお願いしますm(_ _)m

返信する
RUNA RUNA

りまれさん

はじめまして!
いつもひまわりネイルをご覧いただき、ありがとうございます。
RUNAと申します。

質問にありました、シルクの後ですが・・・
シルク・グルー・レジン
これが正しい工程です。
減点になるどころか、上記手順に直しましょう!
シルクが透けて見えるのも、サラサラのグルーで馴染ませれば解決出来る可能性が高いです。

ケアのニッパーについてですが、返しは必要かと思います。
ルースキューティクルがついている場所はお分かりでしょうか?
爪に対して刃が向いていると、刃先はルースに届かないと思います。
刃先をキューティクルのほうへクルっと返してあげましょう!

応援しています(*^^)v
共に頑張りましょう♪

返信する
アバター ひろ

初めまして。いつも参考にさせていただいております。
シルクですが、うまくくっつかなくて、ハジが浮いてしまい、グルーを塗布すると浮き上がったまま固まってしまいます…
どうしたらはじからはじまで、ピタリとつきますか?ビニールで空気抜きをしてもだめです。

それから、チップラップのファイリング、バッフィングは、往復がけ大丈夫でしょうか?

あと、仕上がりに白い点が出るのはなぜですか?希望とはまた違った曇った点なのです。

いろいろすみません(T ^ T)よろしくお願いします

返信する
RUNA RUNA

おはようございます。
はじめまして♪
コメントありがとうございます!

シルクがつかないということですが・・・
貼りつける部分の自爪には直前にプレプライマーを塗布していますか?
自爪もチップも油分が残っていたり、ダストが残っているとつきません。
また、シルクを扱うときに触っていませんか?
ツイザーと使用するなど、触れないようにします。
後はシルクの劣化です。
保管方法が悪かったり、古くなってると思いもよらないアクシデントにつながります(>_<) いまお使いのシルクでも全く違う場所を切り取って使ってみるとか・・・直前なのである中で工夫してみるしかありませんね(>_<) ファイリングは往復OKです。 レジンはサラサラと削れてしまうので、往復でも圧はかけず、削り過ぎ防止でこまめに確認しましょう♪ 白い点とはクレーターのような凹みのことではなく、汚れのように白い点が出るということですよね? ダストや汚れなどが考えられます。 少しくらいでしたら検定の合否に大きく影響することはなさそうですが・・・ 出来れば一点の曇りもなくピッカピカに仕上げたいところ・・・ やはり、ダストオフやプレプライマーなどを徹底してください。 一番はじめの回答含め、シルクに疑問が残ります。 少しでも不安解消にお役立ち出来ればいいのですが。。。 検定頑張ってくださいね(*^^)v 応援しています☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。