【ネイル検定1級】ミクスチャーが足りない!!凹みが出来た時の足しの仕方を紹介

こんにちは!ひまわりネイルです☆

スカルプって何ボールで乗せればいいんでしょう!?

フっと疑問に思うことありますよね・・・

実は何ボールで乗せてもイイんです!

 

何回乗せたっていいんです

 

そこに決まりなんてありません。

私も普段は3ボールですが、とても小さいお爪なら2ボールで乗せることもあります。

どのサイズだって2ボールで乗せる人もいます。

私には出来ませんが、オーバーレイは1ボールで乗せるなんていう先生もいらっしゃいます!!

 

 

逆に、3ボールでアプリ終了としたいところだけど・・・

ちょっとへこみが出来てしまった。

思ったりより薄くなってしまった。

左右厚みが違うので片方にもう少し乗せて厚みを出したい。

 

 

何度も練習していればその程度のアクシデントは付き物ですよね。

そのちょっとした修正を上手に出来るって実はと~っても大切なんです。

 

 

 

足りないときは乗せましょう

 

多すぎたときは削るしかないですし、足りないなら乗せるしかありません。

足りないところに合わせて削ると全てが崩れます。

 

堂々と足しましょう!

1回でも10回でも100回でも、必要な量に達するまで何度でも構いません。

ま、本音を言うとせめて数回で仕上げたいかな・・・笑

 

 

 

綺麗に仕上がる足し方とは?

 

私が使用しているネイルデダンスでのお話しになりますが・・・

 

 

前記事まで載せた3ボール目終了時の写真です。

IMG_5500

 

私はこの仕上がりを見て、フリーエッジ部分にミクスチュアを足すことに決めました。

このとき乗せたいのはフリーエッジ、状況は3ボール目まで終了している、つまりフリーエッジの硬化はかなり進んでいる

瞬時にここまで判断します。

 

 

上記判断を踏まえた上で言えることは・・・

硬化が進んでいる所にいつも通りのミクスチュアを乗せてはいけないということです。

なぜでしょう?

強度が落ちる、黄ばむ、マーブルになる、このような理由からです。

 

 

では、どのように足していけばいいのでしょうか!?

 

 

 

綺麗な足し方とは

 

ブラシに含んでいる余分なリキッドを拭き取ります。

IMG_5501

 

 

そのブラシでパウダーを取ります。

IMG_5502

IMG_5503

 

 

ガサガサのミクスチュアを撫でつけるようにして足したいところへ乗せましょう。

IMG_5504

IMG_5506

 

 

これだけガサガサのミクスチュアでも、しばらくすると馴染んでくるから不思議です。

置いた後は足したいところに馴染ませるだけです。

筆圧をかけながら、筆の腹から根元を使って押しつけるようにすると素早く仕上がりますよ。

その際はブラシに残ってるわずかなリキッドで十分です。

決してヒタヒタなブラシでアプリケーションしないでくださいね!

ここまでの理論が全て崩れます(>_<)

 

 

 

まとめ

これが・・・

IMG_5500

↓↓

こうなりました。

 

IMG_5508 (2)

 

いかがですか?

後から足したとは思えないほど自然な仕上がりです♪

ここまでアプリケーションで綺麗に出来ると、ファイリングのイメージもつきやすく簡単ですよね。

こういう小技を身に付けた人は強いです!

練習の時からぜひ試してみてください(^_-)-☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。