ネイル検定1級

【ネイル検定1級】時間配分とスムーズな手順

こんにちは!ひまわりネイルです♪

この記事では1級の時間配分についてお話ししていきますね(*^^)v

 

1級の時間配分

 

150分。

今までの2級3級と違い、前半後半がありません。

150分=2時間半

この長い時間を自分流に組み立てられる半面、しっかりとした時間配分が必要です!!

大まかではありますが、以下参考にしてみてくださいね♪

 

手指消毒・サンディング7本  5分

チップ装着~サンディング   5分

チップオーバーレイ自爪カットとサンディング

チップオーバーレイのサンディンぐは必要?

ボテッとしないチップの選び方と装着コツ

フォーム5本装着       5分

フォームが綺麗にはまる自爪カットのコツ

フォームカットのコツ

3つのカットで癖がある爪もお任せあれ!

フォーム装着のコツ仕上がりが変わります☆

 

アプリケーション7本    45分

チップオーバーレイ記事一覧

スカルプチュア記事一覧

ファイリング7本      30分

バッフィング・磨き7本   30分

アート           20分

見直し           10分

 

 

 

150分は長いの短いのか

 

スカルプに慣れてる人や得意な人なら150分は余裕のあるタイムだと思います。

ですが、今やジェルがメインの時代・・・

ファイリングは愚か、サンディングすら不慣れだと言う人すら居そうです。。。

 

 

上記タイムはあくまで目安。

あなたの得意不得意で変更してください。

ただし、アプリケーションだけはあまり前後出来ないはず・・・

硬化時間には限界があるからです!笑

どんなに硬化速度の遅いメーカーで条件が良くても春秋くらいならせいぜい1本あたり7分ってとこでしょうか♪

 

 

 

1級の手順

 

これもまた人それぞれではありますが、上記時間配分は主な手順に沿って書かれています。

チップ装着、カット、段差取り、アウトライン、チップサンディング。

ここまではダストが出るという意味も含めて、自爪サンディング後に済ませてしまうのが良いと思います。

 

 

きっと多くの方が迷われるのが、チップオーバーレイのアプリケーションを先にするのか、フォームを装着するのか・・・だと思います。

これも考え方と得意不得意によるところですが、私の考えをお話ししましょう(*^^)v

 

 

アプリケーションを先に行い、ピンチのタイミングを待つ間に次のアプリに行くorフォームを装着する。

この場合は1本1本違うタイミングでフォームを装着することになりますから、5本並べて確認しなくても正しく装着出来る前提になります。

都度ピンチのタイミングを逃さず正しく入れられる前提でもあります。

そして筆を持ったり置いたり、フォームを持ったり、Cカーブスティックを持ったりと手元はかなり忙しくなります。

しかし、一瞬たりとも立ち止りたくない方には無駄のない工程だと思います!

また、その日の気温、会場の室温湿度、モデルの体温、その瞬間取ったミクスチュアの状態・・・

様々な要因が絡み合ってのピンチのタイミングなので、常に臨機応変に対応出来る技術が必要ですね。

 

 

チップもフォームも全て装着してからまとめアプリケーションする。

これは上記時間配分に書いた通りです。

強いて言えば、私ならオーバーレイからアプリケーションします。

オーバーレイは後から長さを出すことが出来ないので、先に仕上げて、その長さを目安にスカルプを作ります。

こちらのメリットは、道具や頭の中がとてもシンプルということでしょうか!

慌てなくて済むとは思います。

また、フォームも全て装着した状態を見れますからフォルムを揃える必要がある検定では有利かもしれません。

そしてピンチのタイミングを逃すこともないでしょう!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

何度もタイムトライアルをして色々なパターンを試してみることをオススメします。

私としては、1級の150分は時間にゆとりがあるのでガチャガチャするより1つ1つの技術に腰を据えて丁寧に取り組むほうが安心かなとは思います。

つまり、下の手順ですね!

参考までに試してみてください(^_-)-☆

 

ABOUT ME
RUNA
RUNA
Himawarinailでは技術担当 長年ネイリストの卵の方をサポートしてきました。 義理人情に厚く困っている人を放っておけない頼られると張り切るタイプです(笑) 詳しいプロフィールはこちら